HO!
障害者・高齢者・介護者そしてすべての方に
広告バナー







ユニバーサルデータチャンネル
ユニバーサルイベントチャンネル<
ユニバーサルマニュアルチャンネル<br>
福祉総合リンクリストチャンネル
ユニバーサルコラムチャンネル
ユニバーサル投稿チャンネル
ユニバーサル検索



障害別インデックス


検索:サーチ



言葉を入れるだけ。欲しい情報への近道です。


ハートフルコミュニティ

コミュニティへようこそ



「ニュータイプ」バナー

「アイスクエア」バナー

「障害者と高齢者のための介助応対マニュアル」バナー

タイル広告バナー



海外旅行を楽しむために 3

日本の治安が以前と比べて悪くなったと言っても、やはり海外ほどではありません。海外旅行では気分が高揚し、気が緩みがちであることを含めて、現金などの盗難・強盗には十分注意しなければなりません。常に日本とは違うということを意識して、危険な行為は避けるようにし、帰国するまで楽しい旅を続けられるようにしましょう。

  • 現金所持は必要最小限に止め、できるだけ紛失や盗難事故の際に役立つトラベラーズチェックで持参しましょう。トラベラーズチェックを購入したら、すぐ所定の欄にサインをしてください。控えはトラベラーズチェックとは別に保管し、枚数と番号をメモしておき、また使用の度に記録することを慣習的に行いましょう。


  • パスポート(旅券)は日本国民であることを証する通行証ですから、他の貴重品とは別に携帯するようにし、肌身離さぬよう細心の注意を払ってください。また紛失や盗難に備えて、パスポート番号・発行年月日を控えておきましょう。


  • クレジットカードの管理には充分気を付け、もしも紛失・盗難に遭遇した場合は直ちにクレジットカード会社へ届け出ましょう。


  • 空港は旅行者を狙うプロのたまり場と考えてください。手提げカバンを置いたままスーツケースを取りに行ったりする、などの少しの隙が狙われやすいものです。また、出迎え人を装った偽ガイドが親しげに日本語で話しかけてくる事もあるので注意が必要です。


  • 必ず案内係の常駐しているタクシー乗り場から出るタクシーを利用しましょう。空港から市内までのタクシー料金がおよそいくらか、予め知っておくことも必要です。また、乗車時に運転手から料金を確認しておくのもいいでしょう。事情にうとい旅行者を誘う「白タク」は法外な料金を要求する場合があるので、利用しないのが賢明です。


  • ホテルではロビーでの置き引きに注意しましょう。 チェックインの際、ハンドバックやカバンを足許に置いて、目を離した隙に盗難にあうことが多いので、身体から離さないようにしましょう。


  • ホテル滞在時、ホテルの部屋であっても必ずしも安全ではありません。部屋の中に現金、貴重品を放置せず、備え付けの金庫やセーフティボックスに預けるようにしましょう。 ホテルから外出する場合はもちろん、部屋にいる時も必ず施錠しましょう。また、ドアチェーンが付いている場合は必ず掛けるよう心がけましょう。 部屋に見知らぬ人が訪ねてきた場合、ドアを開けないでまず相手を確認することが必要です。 自動ロックの場合、部屋を出るときは鍵を必ず持参し、施錠を確認するようにしましょう。


  • 外出中、見物中にいかにも旅行者ですといった格好や、華美なネックレス・ブローチなどを身に付けることは狙われやすく危険です。また人前で現金を数えたり、貴重品をちらつかせないようにしましょう。 また、買い物や撮影などに気を取られている隙に盗難にあうことが多いので、身の回りには絶えず気を配りましょう。


  • ズボンの尻ポケットやバッグの外側のポケットなど、人目に付くところには現金、貴重品は入れないようにし、バスを降りるとき、現金、カメラなど貴重品は必ず手元から離さないようにしましょう。バックは手に持つタイプよりも、ショルダーバッグなど、たすき掛けにできるタイプが安全です。


  • 一部の都市では二人組の犯行に注意が必要です。たとえば、一人が時間を聞くふりをし、注意をそらしている間に、他の一人がバックなどから金品を抜き取る手口も多くあります。


  • もし盗難にあったらまず最寄りの警察署に届け出て、紛失・盗難届の受理証明書をもらいましょう。 パスポートを盗まれたら上記の受理証明書を持って現地の日本大使館(領事館)へ行き、再発給申請を行ないますj。再発給には、かなりの日数(10日以上)がかかるので注意しなければなりません。航空券を紛失・盗難した場合は、その航空会社へすぐに連絡しましょう。


  • 外国では、日本と比較してはるかに医療費は高額です。また、事故で被害にあった場合の補償はきわめて低いのが実情です。従って、出発前に海外旅行傷害保険に加入しておくことが大切でしょう。



Copyright (c) 1999-2012 UTIX Co.,Ltd. and Unifica