HO!
障害者・高齢者・介護者そしてすべての方に
広告バナー







ユニバーサルデータチャンネル
ユニバーサルイベントチャンネル<
ユニバーサルマニュアルチャンネル<br>
福祉総合リンクリストチャンネル
ユニバーサルコラムチャンネル
ユニバーサル投稿チャンネル
ユニバーサル検索



障害別インデックス


検索:サーチ



言葉を入れるだけ。欲しい情報への近道です。


ハートフルコミュニティ

コミュニティへようこそ



「ニュータイプ」バナー

「アイスクエア」バナー

「障害者と高齢者のための介助応対マニュアル」バナー

タイル広告バナー



パラリンピック

●障害者スポーツの歴史

紀元前ヒポクラテスの時代から、医療目的でスポーツを行なった記録が残っていますが、近代医療スポーツとしての科学的礎が据えられたのはルネッサンス以後といわれています。
世界初の身障者スポーツ大会は1880年にイギリスで開かれ、1948年からは毎年7月に下半身マヒ者のための療法としてストーク・マンデビルで競技会を開催されました。
この競技会が国際的な競技会に発展、1960年からはオリンピックの後に引き続いて、同じ場所でストーク・マンデビル大会を開催することになりました。

●名称の由来

パラリンピックは、下半身マヒのパラプレジア(PARAPLEGIA)のパラとオリンピックのリンピックをくみあわせたもので、日本で1964年に開催された国際身体障害者スポーツ 東京大会において初めて使用、以後愛称となった言葉です。
現在では「もう一つ」という意味の「パラ」と、「オリンピック」を合成した言葉になりました。
現在、この名称は世界で通用する言葉となり、世界の障害者スポーツを統轄する団体も「国際パラリンピック委員会(I.P.C)」と呼ばれています。

●競技会としての機能

パラリンピックは国際的な競技会であり、開催目的などもオリンピックと共通するところが多数あります。
それで1956年にはオリンピック委員会から、オリンピック精神にもとづいたスポーツ活動に与えられるファンレーカップを授与されました。
オリンピック直後に同じ場所で開催するパラリンピックは、イギリスの国際ストーク・マンデビル競技委員会本部が開催国の委員会に委任、開催国の委員会が本部の援助をうけて開催することになっています。

●日本パラリンピック委員会
 Japan paralympic Committee〔略称JPC〕

財団法人 日本障害者スポーツ協会
〒162-0051 
東京都新宿区西早稲田2-2-8 全国心身障害児福祉財団ビル3階
TEL:03-3204-3993 FAX:03-5273-2850
URL:http://www.jsad.or.jp/
Mail:JPC99@jsad.or.jp

Copyright (c) 1999-2012 UTIX Co.,Ltd. and Unifica