HO!
障害者・高齢者・介護者そしてすべての方に
広告バナー







ユニバーサルデータチャンネル
ユニバーサルイベントチャンネル<
ユニバーサルマニュアルチャンネル<br>
福祉総合リンクリストチャンネル
ユニバーサルコラムチャンネル
ユニバーサル投稿チャンネル
ユニバーサル検索



障害別インデックス


検索:サーチ



言葉を入れるだけ。欲しい情報への近道です。


ハートフルコミュニティ

コミュニティへようこそ



「ニュータイプ」バナー

「アイスクエア」バナー

「障害者と高齢者のための介助応対マニュアル」バナー

タイル広告バナー



わたしの心の言葉(テルニー編)


  • たましいそのものをわれわれは知ることが
    できない。たましいは何かにつけて明確に
    決めつけることに抵抗する。これがたましいだと
    決めつけた途端に、それは消え去ってしまう
    だろう。たましいそのものは捉えられないが、
    たましいのはたらきそのものは、常にわれわれの
    周囲に起こっており、それをある程度把握して
    他人に伝えるには、ファンタジーというものが
    きわめて適切な手段となるのである。
    河合 隼雄 「ファンタジーを読む」(2001/12/25)


  • 平知盛 ー「見るべき程の事は見つ」
    彼は重盛たちのように戦いを避けてはいない。
    平家の運命がいかなるものかを見ぬく瞳を
    持ちながら、その中でベストを尽くして戦う。
    それでいて、息子を殺して、思わず弱さを
    さらけだす人間的な一面もある。そして
    いよいよ死が迫ってくると、余裕をもって、
    いさぎよい死にかたをする。命惜しさに入水に
    失敗し、生き恥をさらした上で斬られた
    総大将宗盛とは対照的な人物である。
    永井 路子 「歴史の主役たち」(2001/12/10)


  • −−要するにこれだな、ひとはどんな所に
    置かれても、生きているかぎりはその生きた
    痕跡を刻みつけずにおかないのだな。
    うまく書こうとか、人に気にいられようとか
    おもうのは邪心だ。人目なぞ気にせず自分の
    本当におもうことだけを正直に彫りつける、
    それが文学な人だ。と、そのとき思い、そう
    思うと肩から力が抜けてゆくのが判った。
    中野 孝次 「無名時代の私」 (2001/12/03)


  • ぼくはこれまで、ものごとが今どうなって
    いるのかということがまったくわかって
    いなかった。ただ、なにかが起こり、またべつの
    なにかが起こる。それからまたべつのなにかが、
    という調子だった。そして、なんにも意味が
    わからずにまごついてばかりいたのだ。けれど、
    ダンによればどんなことでも、すべて一つの
    流れの一部なのだそうだ。じぶんにふさわしい
    やり方で流れをとらえ、そのまま流れに
    のっていけばしあわせになれるのだ、と
    ダンは言った。
    ウィンストン・グルーム 「フォレスト・ガンプ」 (2001/11/26)


  • 彼は実業の世界に住む人間にもはっきり二種類
    あると思う時があった。ひとつは自分の考えを
    持ち、場合によっては損得を超えて頑張る人間だ。
    これは少数派である。もうひとつは有利に見える
    側に加担できる人達である。少なくとも利益に
    近づこうと努力する型である。そして川田は
    人間を、卑しい奴と浪漫派に分類するのを
    常とした。利益だけで動くと思える相手には
    容赦しなかったから川田を理解できない人々は
    恐れをなした。
    辻井 喬 「虹の岬」 (2001/11/19)


  • 「私は、人間にとっての死にもまた、毒の
    うまさがあるんじゃないかと思ってます。
    この毒のうまみは、そうだな、何かに
    とり憑かれたときの苦痛や快感に似ている。
    たとえば、若くない男女の恋愛がそうだ。
    肉体も精神も、情念に引き倒されるしか
    ないんだが、この負ける過程にこそ、
    本当に甘い快楽の花が咲くわけでね。」
    高樹 のぶ子 「サザンスコール」 (2001/11/13)


  • 「煩悩即菩提」というような表現を耳にされた
    ことがあると思いますが、煩悩にとりまかれた
    われれの現実世界そのものがそのまま菩提、
    つまり悟りである、煩悩という消し去らなければ
    ならないと考えられてきたものが、大乗仏教に
    なると、むしろ煩悩そのものによって悟りに
    向かうのだという、このような考え方が
    出てきます。あるいは現実世界そのままが
    涅槃の世界だという考え方を示した「生死即
    涅槃」という表現も同じことをあらわします。
    こういう大乗仏教の考えを非常に極端に押し
    進めたのが、他ならぬ密教といえるかと思います。
    松長 有慶 「密教とはなにか」 (2001/11/05)


  • 花といい、月といい、雪という。物体として
    それはこの世に存在している。だがそれらを
    歌に詠み入れるとは、物体としての雪月花を
    とらえることではない。物体ではなくて、
    歌に詠むとはそれらの真実体をとらえることに
    ほかならない。真実体はこの場合、実体と
    呼んでもいいものかもしれない。歌はまず
    物体を通過して実体へ向かう。実態への遡及は、
    物体の感触よりははるかに勝っている。
    高橋 英夫 「西行」 (2001/10/29)


  • われわれ日本人は意識を集中させると事象の中に
    「静」を感じとるが、英語国人は「動」を
    感じとるということかもしれない。
    それはまた、われわれの自己は時間の流れの中を
    現在から過去へ、過去から現在へと時に応じて
    動くことができるが、英語国人の自己は
    定位置を占めて動かないことだとも言えよう。
    大津 栄一郎 「英語の感覚(上)」 (2001/10/22)


  • 人に優れて勝つことがなんであろう。
    天下人であろうと一国一城の主であろうと、
    百姓女であろうと乞食であろうと、おなじでは
    ないか。短い一生を生き、たれもが死んでゆく。
    しかし権之助が感じたのは、人の世の無常では
    なかった。どうせ短い生命なら、
    我らしく生きたいとの強い希求である。
    佐江 衆一 「捨剣 夢想権之助」 (2001/10/15)


  • これから先、お前たちが背負って生きぬいてゆく
    社会には「本来あるべき自分になれない」
    「本来持つべきものが持てない」という憤懣を、
    爆発的に、凶暴な力でもって清算するーという
    形で犯罪をおかす人間があまた満ちあふれる
    ことになるだろう。
    宮部 みゆき 「火車」 (2001/10/01)


バックナンバー


「ハートフルオンラインHo!」では、皆様からの「言葉」をお待ちしています。

Copyright (c) 1999-2012 UTIX Co.,Ltd. and Unifica