HO!
障害者・高齢者・介護者そしてすべての方に
広告バナー







ユニバーサルデータチャンネル
ユニバーサルイベントチャンネル<
ユニバーサルマニュアルチャンネル<br>
福祉総合リンクリストチャンネル
ユニバーサルコラムチャンネル
ユニバーサル投稿チャンネル
ユニバーサル検索



障害別インデックス


検索:サーチ



言葉を入れるだけ。欲しい情報への近道です。


ハートフルコミュニティ

コミュニティへようこそ



「ニュータイプ」バナー

「アイスクエア」バナー

「障害者と高齢者のための介助応対マニュアル」バナー

タイル広告バナー



1999東京出張記

第5回 お台場初取材

10月13日(水)
ほとんど眠れないまま朝を向えた。そのうちT氏も目覚めたようで、カーテンを開けてもらい窓から空を見たが、スモッグで晴れているんだか曇っているんだか判らない。ただ、窓から空とともに高層ビルが眺められ、ここは東京なんだと改めて実感する。朝食は友達から差し入れしてもらったケーキとミネラルウォーターで簡単に済ませる。

この日の午後からの予定は、MEGA WEB(メガウェブ)と国際福祉機器展への取材だ。午前中は体力を維持するためにホテルにそのまま滞在することを予めお願いしておいた。この日から運転を担当してくれるY君とは午前10時の約束をしていたのだが、時間になってもなかなか現れず、彼がホテルに来るまで何度かベッドメーキングを待ってもらった。

Y君がホテルに到着したのは11時ごろだったろうか、地下駐車場に向かいクルマに乗り込み、お台場にあるMEGA WEBと向う。やはり夜と違って街の様相は違う。車の窓から見える昼の新宿の光景を眺めていた。前日の夜もそうだったのだが、道路を見ていると宅配業者のバイクの数が多いことに驚く。東京の道路事情を考えるとバイクの方が便利なことは当たり前なのかもしれない。

MEGA WEBのあるお台場へと到着、お台場はデートスポットでも有名らしいが、彼女がいない私にとっては、まったく無縁の話である。しかし、せっかくのデートスポットだが、芝生に散乱しているゴミの多さには閉口してしまった。

駐車場からエレベータまでは少し距離がある。いったんMEGA WEBへ少しだけ入って、同じパレットタウン内にある隣の建物へ昼食をとりに行くこととした。ここは食べ物や洒落たファッション関係のお店が一つの建物の中にたくさんある。この日は若い女性が多かった気がするが、もしかしたら私が女性しか見ていなかったのかもしれない。しかしその中に、ご年配の夫婦と思われる人達がいて嬉しくなる。日本の高齢者の人達も、若者の集まると言われるところにどんどん来てほしいと願う。

あまりにもいろんなお店があって、選ぶだけでも大変だったが、その中のイタリア料理店へと入った。店内はBGMが鳴り響き、昼時ということもあって沢山の人がいた。どちらかというと女性客が多かったかもしれない。ここでもお店の若いスタッフに車椅子の者がいることを伝えると、困った顔を見せること無く、空いているテーブルを探し、イスを取ってくれ昼食を摂ることができた。お台場にある洒落たお店で食事することは、もう経験することはないかもしれないが、再び訪れることがあったら、こんどはぜひ女性と2人っきりで食事をしたいものだ。

次号へ続く


Copyright (c) 1999-2012 UTIX Co.,Ltd. and Unifica