HO!
障害者・高齢者・介護者そしてすべての方に
広告バナー







ユニバーサルデータチャンネル
ユニバーサルイベントチャンネル<
ユニバーサルマニュアルチャンネル<br>
福祉総合リンクリストチャンネル
ユニバーサルコラムチャンネル
ユニバーサル投稿チャンネル
ユニバーサル検索



障害別インデックス


検索:サーチ



言葉を入れるだけ。欲しい情報への近道です。


ハートフルコミュニティ

コミュニティへようこそ



「ニュータイプ」バナー

「アイスクエア」バナー

「障害者と高齢者のための介助応対マニュアル」バナー

タイル広告バナー



トコズレ日記

6月19日 土曜日 晴れ

起床・8時・30分

主治医回診・ガ−ゼ交換。

随分と回復が早い、だが明日にも退院と言う訳ではない、との事。がっかり。
今月いっぱいは覚悟した方がよさそうだ。
腹痛を訴えるも、首をかしげるばかりで、別に処置なし。

どこもかしこも痛いところばかり、長い一日であった。

6月20日 日曜日 晴れ

起床。9時・30分

全体的に痛みは和らぐが、体力の消耗がひどい。つかれた!。
依然と原因は不明なり。


主治医回診・疵は順調に回復しその回りの皮膚の血行も大変良好との事。
「心配していた悪い方向にいかずに済み安心した」

検査予定
22日・火曜日胃カメラ・エコ−。
7月2日・大腸。

入院するたびに、あらゆる検査は経験しているが大腸検査だけは未だに無し。理由は、脊椎損傷の場合は非常に難しく、特に私の場合は非常に危険なのでせんせいが「やりたくない」と拒否してきたからだ。だが今その腸がただ事でない信号を送っている。この原因を解らずして苦しむのは我慢できない
「胃カメラは上から入れ、腸のカメラは下からで、上と下の違いなのに危険なはずはない。腸の検査を是非やってほしい」と、先生に懇願して決定したのだ。

さあ!。検査に向けて体力をつけなくては。

前へ | 次へ


Copyright (c) 1999-2012 UTIX Co.,Ltd. and Unifica