HO!
障害者・高齢者・介護者そしてすべての方に
広告バナー







ユニバーサルデータチャンネル
ユニバーサルイベントチャンネル<
ユニバーサルマニュアルチャンネル<br>
福祉総合リンクリストチャンネル
ユニバーサルコラムチャンネル
ユニバーサル投稿チャンネル
ユニバーサル検索



障害別インデックス


検索:サーチ



言葉を入れるだけ。欲しい情報への近道です。


ハートフルコミュニティ

コミュニティへようこそ



「ニュータイプ」バナー

「アイスクエア」バナー

「障害者と高齢者のための介助応対マニュアル」バナー

タイル広告バナー



トコズレ日記

6月11日 金曜日 晴れ

 起床・8時・30分

 午後になって先生から入浴の許可が出る。 思ってもいなかった事だけに大喜び、入浴といっても温泉に行く訳でもなくただシャワ−のみ。今まではベットの上で身体をふいてもらっていただけだったので全身にシヤワ−を浴びることは、それとは比較にならないほどに快適だ。
 部屋から風呂場までの距離は20メ−タ−もあろうか、その間に病室が3室ありその前を通らなければならない。ベットの上で裸になり車椅子に乗って身体をタオルで覆い、そのスタイルで、その前を通過しなければならないのだ。肉体美なればともかく骨体美ともいい難い我が身なれば、ワイセツ物陳列罪の犯罪者にだけはならないよう、人に合わない事をひたすら願い目を閉じて無事通過、事無きを得る。風呂に行くのも命懸けだ。
 どこかの病院であったか定かではないが、やはり是に似た扱いを受け拒んだ事があったその時に「あんたみたいな人が風呂に入るのは贅沢なのだ」と言われすごく気分が悪い思いをした、それ以後は拒んだり文句やらの抵抗はやめ、風呂に入るとの目的だけにせんねんすると割り切って入れてもらう事にしている。
 誰にも合わずに風呂場についたのはよいが、先客(おばあちゃん)が入っていた。上がるのをまってはみるが介護人さんの時間もある、やむなく一緒に入る事になる。相手の歳は私より先輩の高齢者、だが身体は私の方が数段も高齢者。備え付けの鏡に写る自分の裸体をみて、冷汗が全身からにじみ出る。おかげでシャワ−だけの風呂でも、汗がどっぱりと出て、垢の出る事出る事。とにかく一ヶ月ぶりに全身を洗ってもらうそう快さは羞恥心なぞ、垢にまじって流される。気分満点。

 入浴後。きずの洗浄・ガ−ゼ交換。

「院内での排尿便の悩み」
私が入院を嫌う一番の原因はここにある。
自宅では、便器、手すりの位置、テツシュ等の必需品がすべて手の届くところに有りよほどの失敗をしない限りは家族の手をわずらわすことはない。
病棟には車椅子トイレはあるが、ウォレッシュつきの立派な便器なのだが、その立派さゆえに非常に不便なのだ。普通の人はドアの方に向かって便器に座るが、私は壁に向かってすわるので、立派な物が便器の横に付いているのは邪魔なのだ。従ってドアに向かっての体制になるには一人ではできず、看護婦さんの手を借りなければならないのだ。入るに出るに介護が必要であり、廊下で誰か待っているかと思えば、自宅の時みたいに出るまで30分でも座っていると言う訳にも行かず、そこそこにしてナ−スコ−ルを押す。  普段は一日一度時間を決めて、腹をマツサ−ジしながら複圧の力を借りて排便するが、その時間がたりないまま終わらせるので、その出し切れない便が日中時間に関係なく場所に関係なく大量に出てしまうのだ。今は隣のばぁちゃんが別室に移動して一人で占領しているので、回りの気遣いも心配ないが、誰かが入れば冷汗もので、一日中そのことで頭がいっぱいになり、ストレスが倍増するのだ。相部屋になるとその重みは病を更に悪化させる。だから入院はいやなのだ。!!。

 主治医回診・良い方向に向かっている、現状維持。との事。

前へ | 次へ


Copyright (c) 1999-2012 UTIX Co.,Ltd. and Unifica