HO!
障害者・高齢者・介護者そしてすべての方に
広告バナー







ユニバーサルデータチャンネル
ユニバーサルイベントチャンネル<
ユニバーサルマニュアルチャンネル<br>
福祉総合リンクリストチャンネル
ユニバーサルコラムチャンネル
ユニバーサル投稿チャンネル
ユニバーサル検索



障害別インデックス


検索:サーチ



言葉を入れるだけ。欲しい情報への近道です。


ハートフルコミュニティ

コミュニティへようこそ



「ニュータイプ」バナー

「アイスクエア」バナー

「障害者と高齢者のための介助応対マニュアル」バナー

タイル広告バナー




車両総重量制限関連情報

障害者が自動車免許証を取得する際、障害の状況に応じて車両重量制限に関する条件が付けられます。
その際、公安委員会の対応は大まかに分けて下記の通りに分類されます。
  1. 車両重量制限を付ける際の審査基準そのものは全国一律
    人によって車両重量条件が異なるのは、それぞれの障害の度合いに応じて対応しているためです。
    限定解除を受けたい場合は、限定解除試験を受けます。


  2. 障害者が免許取得する際、基本的には車両重量制限を付けない
    この場合は普通自動車運転免許証の範囲内の車両重量となります。
    ただ、担当者が車両総重量の制限が必要と認めた場合は、車両重量の制限を付けます。


  3. 道路における危険を防止し、その他交通の安全を図るため、その人の障害の態様、程度において必要な最低限度の条件を付す
    車両重量制限などの条件を一律に付すのではなく、障害をお持ちの方、個々と面接して「必要最小限」を具体的に決定します。
    この場合、車両重量制限などの他に、足が悪い人は手動運転装置、オートマチック車に限るのなどの条件が付されます。
上記のように、車両重量制限に関しては一定の基準が定められていますが、その適用に関しては各都道府県公安委員会までお問い合わせください。

<調査にあたっての感想>

普通自動車運転免許証を取得したのであれば、一般の人達と同様に、免許された資格範囲内で極力、車両総重量を制限すること無く、運転免許証を交付してほしいものである。
今はいろんなオプションが用意されており、身体の状態に応じたそれらのオプションを使うことにより、いろんなタイプの自動車の運転が可能となった。 障害のある人にも選択肢を多くし、いろんなタイプの自動車が運転できるようになってほしいものだ。


Copyright (c) 1999-2012 UTIX Co.,Ltd. and Unifica