HO!
障害者・高齢者・介護者そしてすべての方に
広告バナー







ユニバーサルデータチャンネル
ユニバーサルイベントチャンネル<
ユニバーサルマニュアルチャンネル<br>
福祉総合リンクリストチャンネル
ユニバーサルコラムチャンネル
ユニバーサル投稿チャンネル
ユニバーサル検索



障害別インデックス


検索:サーチ



言葉を入れるだけ。欲しい情報への近道です。


ハートフルコミュニティ

コミュニティへようこそ



「ニュータイプ」バナー

「アイスクエア」バナー

「障害者と高齢者のための介助応対マニュアル」バナー

タイル広告バナー




ヘルパー利用の介護サービス

平成12年4月から施行される介護保険では、65歳以上の介護が必要な方が、低料金(一割負担)でヘルパーの介護等を受ける事ができるようになります。これは、社会の高齢化の進展に伴って、寝たきりや痴呆の高齢者が急速に増え、介護する家族の高齢化も進んでいく事から、家族による介護が困難となってくると予想されるためです。
ヘルパー利用の手続きは、まず市町村に要介護認定を申請します。それから要介護認定審査が行なわれ、そこで認められた介護の必要な高齢者は、介護サービス提供機関に利用を申し込むことによって、介護を受けられるようになります。
また、介護保険料を支払っている40歳以上65歳未満の方でも、初老期痴呆・脳血管障害など、老化にともなう病気によって介護等が必要となった場合には、この制度を利用することができます。
そして、65歳未満の重度障害者も、介護保険制度に関係なくヘルパーなどの介護を受ける事ができます。

介護サービスの内容

  • 訪問介護(ホームヘルプサービス)
  • 訪問入浴
  • 訪問看護
  • 訪問・通所によるリハビリテーション
  • かかりつけ医の医学的管理等
  • 日帰り介護(デイサービス)
  • 短期入所サービス(ショートステイ)
  • 痴呆の要介護者のためのグループホームにおける介護
  • 有料老人ホーム等における介護
  • 福祉用具の貸与及びその購入費の支給
  • 住宅改修費の支給
  • 居宅介護支援(ケアマネジメントサービス)
    • 詳しくは、社会福祉協議会・ヘルパーステーションまたは社会福祉協議会へお問い合わせ下さい。
    ヘルパー関連住所録データ

    Copyright (c) 1999-2012 UTIX Co.,Ltd. and Unifica