HO!
障害者・高齢者・介護者そしてすべての方に
広告バナー







ユニバーサルデータチャンネル
ユニバーサルイベントチャンネル<
ユニバーサルマニュアルチャンネル<br>
福祉総合リンクリストチャンネル
ユニバーサルコラムチャンネル
ユニバーサル投稿チャンネル
ユニバーサル検索



障害別インデックス


検索:サーチ



言葉を入れるだけ。欲しい情報への近道です。


ハートフルコミュニティ

コミュニティへようこそ



「ニュータイプ」バナー

「アイスクエア」バナー

「障害者と高齢者のための介助応対マニュアル」バナー

タイル広告バナー




かかりつけ薬局のすすめ

「かかりつけ薬局」とは

今までは病院に行って診察してもらうと、その同じ病院で薬をもらっていましたが、厚生省の「医薬分業」制度の推進によって、病院では処方せんだけを書いてもらい、実際の薬は薬局でもらうというスタイルが多くなってきました。この薬をもらう薬局のことを「かかりつけ薬局」と呼びます。「かかりつけ薬局」では、それまで飲んだ薬がすべて記録され、専門家の指導によって、今まで以上に安心して薬を飲むことができます。

「かかりつけ薬局」の決め方

病院でもらった処方せんはファックスで「かかりつけ薬局」に送られます。ほとんどの場合、薬局まで行くと薬はすでに処方されていて、待たずに受け取ることができます。ですから「かかりつけ薬局」は自宅の近くにある方が便利ですが、特に決め方はなく、保険のきく「保険薬局」であれば、どこでも選ぶことができ、また変更することもできます。近くであることの他に、何でも相談できる薬剤師さんであることも大切になってきます。

「かかりつけ薬局」で得すること

  • すべての薬について把握しているので、違う病院で同じ薬を処方されていないか、飲み合わせの悪い薬を服用していないか、買い置き薬と一緒に飲んでもいいか、などが分かって安心です。
  • 普通の薬を買いに行った時でも、症状を見た判断によって、医師の診察・検査などを勧めてもらうことができます。
  • 薬の飲み方、保管の仕方などをいつでも尋ねることができます。
  • その時の体の状態や、家族の都合などによって薬を受け取りに行けない場合に、薬を自宅まで配達してくれるサービスも登場してきています。この他にもサービス内容によって薬局を選ぶことができます。

Copyright (c) 1999-2012 UTIX Co.,Ltd. and Unifica